横瀬町宇根“八坂神社の春祭り”

       毎年4月の第一日曜に行われる埼玉県横瀬町宇根地区の「八坂神社例大祭」です。
      
二基の笠鉾が「宇根社中」による秩父屋台囃子のリズムにのって横瀬町宇根地区の山間を昼夜引き回されます。
江戸時代に作られた山車(笠鉾)が2台曳廻されれるお祭りです。
初代の笠鉾は、江戸時代末期に創建されたが、明治32年頃に、二代目が完成した為、 秩父市東町に売却されたようです。
昔の、宇根八阪神社は、現在の向かい側の天王山山頂に祭られていたため、 急坂の連続でまさに壮観だったようですが、転倒事故
も多く、中止になったそうです。
現在の、平地に神社が移されて、ニ代目笠鉾の引き回しが、再開されましたが、 電線架設により、高さを短縮したりしたが、再び中止に
なったようです。そして昭和35、36年頃に再び再開されました。
そして、数年前に、東林寺に保存されていた、昔の真柱を取りつけちょっと不安定ですが、総高10メートル以上の立派な笠鉾で現在、引き回しをしています。
以前は、4月8日と、例大祭の日にちが決まっていましたが、 現在は、4月の第一日曜日となっています。
また、秩父屋台囃子をたたける人がいなくて、他の地区の人に頼んでいましたが、 今は、地元「宇根社中」がりっぱに勤めています。
又、笠鉾に付けられている花は全て宇根地区の住民が毎年手作りをしたものを使います。
横瀬町宇根地区は区によって分けられているのですが、八坂神社(天王様)から武甲山方面が「」、 横瀬駅方面が「」という呼び方もあります。 山車は上組、下組に分かれていて山車の大きさが違います。上組、下組笠鉾は、昭和48年、横瀬町有形民俗文化財に指定されました。
武甲山の麓の、のどかな春のお祭りです。


横瀬町宇根周辺地図
 
笠鉾の組み立て作業から祭り本番の模様が順番に見られます。
上のボタンを押すと画像が切り替わります。
    
                           
2003年4月5日(土)が雪になり、笠鉾の組み立てが出来ず、4月6日(日)祭り当日に笠鉾の組み立てとなってしまいました。
下の写真は、笠鉾の組み立てから町内曳きまわしの模様です。クリックすると写真が大きくなります。

2003/4/5

2003/4/6

2003/4/6

2003/4/6

2004年4月4日(日)は、残念ながら雨のお祭りになってしまいました。
雨が強くなり、午後の笠鉾の曳きまわしが中止になりました。

2005年は、管理人が喪に服す期間中の為不参加。